内臓脂肪検査

当院では2つの方法で内臓脂肪を測ります。

あなたのお腹の脂肪は 皮下脂肪? 内臓脂肪?

お腹が出ていたり、太っている時、皮下脂肪であれば問題ありませんが、内臓脂肪が溜まっていると癌になりやすい、脂肪肝から肝硬変になる、血糖、血圧、尿酸、中性脂肪が高くなって心筋梗塞や脳梗塞になるというように見た目だけでなく健康にもよくありません。

体重だけではその増減が筋肉によるものか脂肪によるものか区別がつきにくく、また体脂肪率は皮下脂肪と内臓脂肪の区別がつきません。内臓脂肪を測ることが大事です。標準体重でもお腹が出て内臓脂肪が厚く脂肪肝のある隠れ肥満の方も対象です。

内臓脂肪はCT検査で面積を測る方法がありますが放射線被ばくするため安全ではありません。

当院では2つの方法で内臓脂肪を調べることができます。
 1つはエコーで内臓脂肪の厚さを測定する方法、もう1つは内臓脂肪面積を測定できるパナソニックの器械です。お腹の周りに巻くだけで5分以内で測定できます。大阪大学が開発した器械で非常に高価です。当院以外では九州大学にしか入っていません。
 エコーで内臓脂肪の厚さが0.8cm以上、内臓脂肪面積で100cm2を超えていればダイエットや運動で内臓脂肪を減らす必要があります。
 検査は空腹で行います。予約をされると待ち時間が少なくて済みます。

内臓脂肪検査

院長自身も3kgのダイエットでも内臓脂肪は減りましたよ!!

腹囲と内臓脂肪、体重の関係
腹囲と内臓脂肪、体重の関係
腹囲内臓脂肪体重
男性1cm5cm21kg
女性1cm3cm21kg

体重1kgやせると内臓脂肪が3~5cm2減ると言われていますが実際測ってみましょう。
5%の減量(60kgで3kg)で内臓脂肪が20%減少(例:100cm2→80cm2)